Company logo

ポケットティッシュについて

ポケットティッシュの名前の由来から素材、寸法、デザインなどについてご説明します。



名前の由来

御存じ、携帯に便利な様に、ポケットサイズに包装されたティッシュです。
ポケットティッシュの名前の由来は、ここから付いたとも、裏面にポケットがあるからともいわれています。


ポケットティッシュの形状

ティッシュは、薄い紙が2枚重なって1シートになっていて、これを[W]と言う単位で数えます。
通常6W、8W、10Wの3種類があります。この裏面に、広告を印刷したラベルを挿入します。
そしてポリフィルム*1で個包装し完成します。
*1:このフィルムに広告を印刷する場合もあります。フィルムに印刷した場合は、ラベルを入れないこともあります。


ラベル

ラベルとはポケットティシュの裏に入れる広告等を印刷した台紙のことをいいます。
お店の新装開店・新商品の広告宣伝など販売促進用に最適です。
ラベルの単価は枚数と色数で決まります。ラベル印刷の最低ロットは1,000枚からになります。
ラフ原稿があれば、デザイン作成や版下作成は弊社にて行います。(デザイン料や版下作成料が別途かかります)
データ支給の場合、手直しが無ければ版下作成料はかかりません。
オリジナルラベルの制作・入稿についてはラベルとフィルムについてをご確認ください。


広告の印刷

広告はラベル、フィルムのいずれか又は両方に印刷されます。
ラベルは印刷のロットが少なくてもよく、版代などの初期費用が安いので、少ロットだと比較的安く済むという利点があります。しかし、使うフィルムは通常、透明かメーカーの既製品なのでユーザー様の広告は、半面*2しか出来ません。
フィルム印刷は、版代などの初期費用がラベルよりはかかる半面、大ロットになるとラベルよりも単価が安くなってきます。また、ポケットティッシュの両面に印刷も出来ますので、広告スペースも通常ラベルタイプの2倍に成ります。
ラベル、フィルムとも印刷は単色イラストから4色写真まで、御希望にあわせて印刷できます。
ポケットティッシュには、ラベルという紙でできたカードを入れることが出来ます。このラベルには、広告を印刷することで販売促進などによく利用されます。
*2:特殊形態として、全面をラベルで巻いてしまう巻きラベルタイプと言う物も有ります。


ロット

加工そのものは何個からでも出来ますが、通常発注数量はユーザー様のご希望数量と、ラベル、フィルムのどちらに印刷するかのロットと単価の兼ね合いになります。
ラベルタイプでは、最小1,000枚からの印刷が可能です。
単価はこの枚数と、印刷する色数によって変わってきます。同じ色数でも、多く作れば安くなり、色を沢山使えば高くなります。
フィルムも基本的には一緒で、フィルムの印刷ロットは、4色カラーでも1本から印刷できます。
フィルム1本からポケットティッシュは約15,000個作れますので、15,000の倍数が一番経済的なロットになります。加工数そのものは約15,000個の倍数にならなくても大丈夫です。
※数量は多少前後します。

<< 前のページに戻る